任天堂おすすめWifi

無線ルーター

無線ルーター

有線LANと無線LANでは何が違う?

現代はほとんどの家で無線ルーターで通信機器をつなげてネットを楽しんでいます。以前は有線LANで通信を楽んでいました。家が光回線で契約していて有線で通信を接続すると確かに通信速度は速いのですが、配線がごちゃごちゃして大変でした。つなぎ方も説明書を読んでLANケーブルをどこにさすか、他のコードを使ったらいいか、どこの口にさしたらいいか迷って設定が大変です。
無線ルーターだと配線に困ることなく、簡単につなげることができます。家の電子機器が無線で接続できるものであれば、ほとんどつなげることができます。パソコンだけでなく、今はプリンタも通信対応ができるようになっていて無線でつなげることができます。何台かパソコンがあってもつなげますし、無線を内蔵しているテレビなども接続できてネットをテレビで楽しむこともできます。

無線LANでは速度の問題が出てきてしまいます。

確かに無線にしてしまうと速度低下があります。実効速度が10分の1になってしまうことがあるかもしれません。有線LANに戻すとほぼ正常な速度で通信を行うことができます。ルーターのリセットを行うことによっても正常に復帰するようです。そのことから電波障害が原因や、電波干渉によるものではないと考えらえます。またハードウエアの問題でもないようです。ルーターの中にある制御するパラメータの以上によるものではないかと考えられているようです。無線LAN性能のスイッチング性能に問題があると推測もできます。
ルータの内部によるものだと、機械系に得意な人ならわかるかもしれませんが、不得意だとどうしていいかわからなくなるものです。まずは、通信機器で受信状況を確認してみましょう。もう少し調べられる方だとパソコンだとコントロールパネルからワイヤレスネットワーク接続のところにある速度やシグナル状況を確認してみるのもいいかもしれません。もしくはネットのサイトで実効速度を測ることができるので、そのサイトで実際にどれぐらいの速度になっているか知ることができます。
ルータのリセットをしたり、電源を入れなおしたりすることが多い場合や、あまりにも実効速度が遅いならルータを変えてみることができます。電器店にいって有線LANの場合の実効速度と無線LANの場合の実効速度を伝えてよいルータを教えてもらうことによってこのストレスが解消されるかもしません。


ホーム RSS購読 サイトマップ